似顔絵ケーキは通販が便利

似顔絵ケーキ通販

 

似顔絵ケーキを自分で作りたいけれどなかなか上手に絵を描くことができない場合や、時間をかけて作っている時間がないと言う場合には通販を利用するのが非常に便利な方法となっています。最近ではケーキにしたい似顔絵や写真を送るだけで、これを題材に似顔絵ケーキを作ってくれるサービスを行っているケーキショップが増えているのです。この通販を利用する場合には最近ではインターネットによる方法を利用すると非常に手軽で簡単なものです。従来はケーキショップで写真や似顔絵を渡し、その通りに職人が手作りで絵を描いてくれることが多かったのですが、近年では非常に技術が発達しており、写真や似顔絵を専用の機械でプリントしてケーキを作る仕組みもあるため、これを利用すると簡単に安価で似顔絵ケーキを作ることができるのです。そのため以前に比べてその価格も非常に安くなっており、気軽に注文をすることができるのがポイントとなっています。

 

さらに通販の場合には簡単に注文をすることができ、早ければ次の日に届くと言うところも少なくありません。近くに似顔絵ケーキを作ってくれるショップがない場合でも、インターネットで簡単に注文することができるので非常に便利となっているのです。

 

子供の誕生日などに似顔絵ケーキを利用すると誕生日が非常に盛り上がるものです。子供の顔が描いているケーキはこのように1つのものであり、食べるのが惜しくなってしまうことも少なくありません。単純にろうそくを立てたり、名前などを書いたプレートをつけるだけでも非常に盛り上がるものですが、前面に似顔絵が描かれている景気は非常に楽しめるものとなっており、その描かれている絵を利用して新たな楽しみ方をその場で見つけることもできるので非常に楽しい誕生会とすることができます。他にもお祝い事などに様々な絵や写真を利用したケーキを提供することで、非常に貴重なものとなり印象に残るものとすることができるのです。

似顔絵ケーキの作り方

似顔絵ケーキ作り方

 

子供の誕生日などに似顔絵ケーキを作ってあげるとその場が非常に盛り上がるものです。しかし似顔絵ケーキの作り方は非常に難しいと考えている人が少なくありません。自分は絵の才能がないし、繊細にケーキの上にさまざまな絵を描くなんてとてもできないと考えている人が多いのですが、最近では効果的な方法で似顔絵ケーキを作っている人が非常に多いのです。代表的な方法としては下絵を利用してその上にチョコレートや食紅などで色をつけ、ケーキの上に載せてしまう方法です。この方法であれば落ち着いて絵を描くことができるので、非常に簡単の上美しく作ることができます。一般的によく行われているのはクリアファイルを利用する方法で、非常に簡単に作ることができるのです。印刷できる環境があれば直接クリアファイルに印刷をして、これを裏返すことで下絵が完成します。味わいを出したければクリアファイルに直接手書きで下絵を描き、その絵を反転させる方法も良い方法となっています。

 

クリアファイルを使う理由は絵の様子が非常にわかりやすいことや、チョコレートや食紅などを使用して作ることから、後からはがしやすいと言うメリットがあるためです。裏側からチョコレートやその他の材料で色をつけ、絵を描いたら冷蔵庫で凍らせて安定させることではがしやすくなるという効果もあります。後はこれを裏からそのままケーキに乗せるだけで似顔絵ケーキが完成すると言う形となるのです。

 

これまで似顔絵ケーキはプロに依頼しないと作ることができないと考えている人が少なくありませんでした。しかし、手作りのもので上手に作ることができれば味わいも深くなりますし、自分で自由に描くことができるので非常に喜ばれるものを作ることができます。また誰にも作れない世界に1つだけのケーキを作ることもできるので、子供への誕生日プレゼントだけでなく、親しい人へのお祝いにも十分に利用することができるものとなっているのです。

ケーキの種類はどんなのがある?

似顔絵ケーキ種類

 

ケーキは使う素材や製法などによって、いくつかの種類があります。最も馴染み深いと思われるのがスポンジを使ったケーキです。小麦粉に卵や佐藤などを混ぜて作った生地をまるでスポンジのように膨らませることから、この名前がついています。ふんわりとした食感はまさに王道とも言えるもので、間にクリームを挟んだものや表面をコーティングしたものなどいくつもの派生形があります。なおスポンジの作り方にもいくつかあり、卵全てを混ぜ込むタイプと、卵黄と卵白とを別々に泡立てるタイプの二種類が主流です。スポンジを使ったものとしては、ショートやモンブラン、チョコレートといったものから、今話題となっているロールなどが挙げられます。

 

どっしりとした重量感を感じられるのが、バターケーキです。見た目はスポンジを使ったものに似ていますが、持ったときはもちろん食べたときにもしっかりとした重さが感じられます。その理由は素材に牛乳から作られたバターをたっぷりと練り込んでいるからです。水分、脂肪分ともにスポンジを使ったものより多いため、このような中まで詰まった食感が感じられるものとなっています。バターの風味が良いため、その多くは焼き上がりをそのまま食べるのが一般的です。シンプルながらも満足できる美味しさから、スイーツ作りに初めて挑むという方におすすめできます。バターケーキの主な種類としては、パウンドやフルーツ、マドレーヌなどが主流です。カカオの粉末などを混ぜたマーブルも基本的には同じタイプと言えます。

 

バターの代わりにチーズを混ぜ込んで焼いたのがチーズケーキです。作り方はバターを使ったタイプと同様で、チーズを混ぜている分独特の酸味が感じられます。分量によって食感もだいぶ変わってくるので、少しずつ混ぜながら作るのがコツです。チーズを使ったタイプには、ベイクドやレアなどがあり、ヨーグルトやカマンベールなど素材の風味を活かしたものもたくさんあります。

ケーキの消費期限と保存方法

似顔絵ケーキ保存

 

ケーキは基本的に購入したその日のうちに食べきるのが最も美味しく食べることができるものですが、大きなものを購入してしまい食べ残してしまった場合などはその日のうちに食べきることが難しい場合も少なくありません。基本的にケーキの賞味期限はその日のうちと考えられていますが、実は保存方法によっては数日から1週間程度おいしく食べることができる期間を維持することができる場合もあるのです。

 

基本的にケーキの材質や使用している材料にもよりますが、2日程度から1週間程度保存することが可能な場合もあります。一般的に生クリームやカスタードクリームを使用したものであれば冷蔵庫で保管して2日程度、チョコレートケーキであれば1週間程度冷蔵庫で保存すればおいしく食べることができると言われており、しっかりと手順を守って保管すれば安心して食べることができると考えられています。

 

注意しなければならないのは、ケーキを保存する際に湿気は禁物であるため、ラップなどでしっかりと密閉をすることが必要となる点です。お店などで購入した場合などは紙の箱に入れることが多いのですが、紙の箱は湿気を出やすいので密閉できる容器に移し替えて保管することが重要となります。特に生クリームの場合にはタンパク質が多く含まれており、タンパク質は湿気を多く吸収するため傷みやすくなってしまうのです。これを避けるためには密閉できる容器を用意し、俺に移し替えることが必要となります。少量であればタッパーで保管するのも非常に良い方法ですし、大きなものであれば密閉できる容器を用意して保管することが重要です。食べ残しのケーキの場合には適当な容器が見つからないと言う場合も少なくありません。この場合には形を維持するために牛乳パックを利用するのも非常に効果的な方法です。牛乳パックは構造上湿気を防ぐものとなっているため、これとラップを組み合わせることで非常に効果的な保存方法となるのです。

TOPへ